明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分を変える

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

少し前、なんとはなしにデンタルケアについて調べていたとところ「歯磨きの後は口をすすぐことで歯磨き粉の成分が流れてしまいます。歯磨きのあとは口をすすがずにそのまま放っておきましょう」と書かれており、確かにわからない話ではなかったので一度試しにやってみました。
無理でした。シャンプーをした後に流さずにそのまま放置しておくような感じというか、気持悪くて1分も耐えられませんでした。
ものごころついた時から繰り返してきた習慣を理屈で是正することは、どうも自分が思っている以上に難しいようです。

ライフハックという単語がその語義をどんどん拡張し、圧縮、単純化された情報を高速で取捨することがすっかり普通になったインターネットの世界では、私たちの人生をより良くするための情報で溢れかえっています。
"ネガティブに陥らないための7つの思考法"とか"部屋を片付けられる人間になるためのヒント"、"合コンで意中の相手に気に入ってもらえる方法"など、様々なトピックがわかりやすく短い文章で日々提供されています。
正直私も嫌いな方ではないので、暇なときや忙しすぎてどうしようもないときについ覗いてしまいます。だいたい「まぁそれはそうだろうね」という話の中に、ときどき役に立つ情報(「寝た姿勢でかかとをグーッと押し出すように伸ばしてあげると眠りやすくなる」など)もあるため、手軽にちょっと得をした気分になりたいときには非常に良いツールだと思います。

じゃあこればかり読んでライフハックをし続ければそのうち立派な人間になれるのかと考えると、多分そうでもない気がします。その行き着く先はきっと表面的に感じの良い、当たり障りのない、毒にも薬にもならないような素敵な人間です。
そういう人を理想にしているのならそれはそれでいいのですが、やはり根本的に自分自身を改善させようとすると、そこには膨大な時間とエネルギーを必要とします。
例えばピアノの上手な弾き方の記事をいくら読んでもピアノが弾けるようにならないのと同じで、繰り返しの実践と細かなフィードバック、理想的には的確な第三者による指導により、少しずつ目標に近づいていくことが前提となってきます。

精神科における治療の過程でも、自分自身の根本的な変化を求められるケースはよくあります。暴力的な自分、悲観的な自分、人と接することができない自分、自分のことを殺したいほど嫌いな自分、自分でも問題であることはわかっているのにどうにもならないことで多くの方が苦しんでいます。
こうした状況は一朝一夕で作られたものではなく、長い間の人生の積み重ねの中で培われたものであるため、これらを治療することもまた一朝一夕ではうまくいきません。さらに人格や習慣というものは理屈で修正することは難しく、またこの薬を飲めば楽になるというものでもありません。
そんな前提条件の中で医者と患者は理屈と薬を基本方針に、少しずつ状況を良くしていく方法を模索していきます。かなり根気のいる作業です。

これまでの私の印象として、自分自身を変化させる行程はじわじわとミリ単位で良くなっていくものではなく、ある時期を境にスッと苦しみの一部から解放され、劇的に自分が変化する時期がやってきます。
それは小さい頃の自転車の練習に似ていて、何回も転んでもう無理だと思った翌日に不思議なほどスイスイ乗れるようになる、あの現象に近いです。そして困難を乗り越えて一度できるようになると、後戻りすることも少なく、そこからさらに改善できていく傾向も感じ取れます。


多かれ少なかれ誰もが自分に不満を抱え、なにかを変化させたいという願望を持っていると思います。しかし変化させるためのエネルギーは膨大であり、変化させることで大きく失われるものも当然あります。結局は不満を抱えたままの自分で日常生活を送っていることもまた現実です。
あらゆる情報は自分の人生を良くするためのヒントを与えてくれます。それらはあくまでヒントであり、自分の中の答えは自分で辿り着くしかありません。ヒントから答えに直結するお手軽なライフハックもいいですが、ときには長く厳しい冒険の旅に出かけるのも一興かと思います。

スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://ashitamoseishinkai.blog.fc2.com/tb.php/45-beeb435b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。