明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あえて薬を出さないとき

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

ちょっと伝わりにくいニュアンスと思いますが、「この薬が飲みたいので出してください」と言われたとき、出さない場合がけっこうあります。

「この間の薬より前の薬のほうがよく眠れました。また前のに変えてもらってもいいですか?」これは比較的出しやすいです。しかし「あのときもらった薬だとすごい元気になれたんです!お願いですからあの薬をまた出してください!」これは出しにくい。
この違いはなんでしょう?

一言でいうと、切迫感です。余裕がまったくありません。その薬がその人の精神を支える全てになってしまっており、その薬を飲み続けなければ自分が保てない状態になっています。これは一種の薬物依存症であり、治療として非常にアンバランスな状況に陥ってしまいます。


精神科医的にだいぶデリケートな問題の一つなのですが、これにはたいてい2種類の批判が浴びせられます。
「その薬で本人が楽になるのなら出してあげたらいいんじゃないの?」と「そもそもなんでそんな恐ろしい薬を処方するの?」です。

一つ目の批判について。たしかに精神科の薬は精神状態を改善するためのものであり、その薬を飲むことで本人が楽になっているのなら治療としてはうまくいっているのかもしれません。ただ本人としては気持ちのいい状態であっても、周囲にとってはそうでないこともしばしばあります。
例えば躁うつ病の人は抗うつ剤を飲むことで躁状態になり、とても良い気持ちになります。ベンゾジアゼピン等の薬を飲んだ場合、人によってはは酔っぱらったような状態になりとても良い気持ちになります。
しかし躁状態にしても酩酊状態にしても楽しいのは本人だけで周囲は迷惑を被ることが多く、最終的には本人も社会的な居場所を失ってしまいます。これはやはりよろしくない。
コカインやアルコールにハマっている人にそれらを提供するのは、その人を破滅させようとする人だけです。それと同じです。

ならばなぜそんな恐ろしい薬を出すのか?精神科医とドラッグの売人は同じようなことをしているんじゃないか?と指摘されるのはもっともな話です。実際そうした類の批判は非常に多く、それに関した書籍も多く出回っています。依存性のある薬を一切出さない精神科医も何人もいます。
ただ薬の本来の目的は、飲んだ人をダメにしてしまうことではありません。もちろん退屈な世の中をハッピーにすることでも、無敵の超人に変身させることでもありません。それは病気の状態を治療し、本来の元気な状態を取り戻すことです。
目の前の人が本当に苦しんでいて、自分はそれを救う手段を持っている。だけどその方法は続けることで将来的なリスクを孕んでいます。今を助けて苦しむ可能性のある未来を取るか、今を苦しんで先の分からない未来を過ごしてもらうか。こう書くと考えるまでもない二択に見えますが、前者の未来には医師自身の責任が絡んできます。あらゆる薬がその可能性を持っており、医者は常にその判断を迫られているのです。

たしかに副作用や依存症に苦しんでいる患者さんも多く、医療や薬を批判するトピックは人々の不安を煽り、誰しもの強い興味をひくことができます。そうした中で「私はこの薬を絶対に使いません!」と宣言することも立派かもしれません。しかしそれを言い出したらキリがなく、せっかく人を救うための選択肢を自ら狭めてしまうことももったいない気がします。
副作用や依存に関しては本当に人それぞれです。全員に副作用が出るわけではなく、睡眠が改善し、気分が改善し、もとの元気だった自分を取り戻すことができて薬もやめることができる方も大勢います。
大切なのは薬を善か悪かで評価するのではなく、それぞれの人に対して適切な使用を考える医師の裁量です。本当に難しい課題ですが…。

薬というのは最も手軽で最も劇的な効果を発揮する治療ツールです。なので悪い部分も見えやすいのでしょう。
しかし人間を救う他の方法、たとえば言葉や思想や食事や休養や愛情、あらゆる手段は効果的であればあるほど副作用や依存性も明らかになってきます。
人を救うためのツールそのものが悪いわけではありません。用いる人間の弱さや脆さとの関係が問題なのです。しかしそれに気づくことなく安易に提供し続ける側の人間は、どう考えても悪者です。

不確定なラインを境に善意が悪に変わるとか、なんと恐ろしい商売でしょう。

スポンサーサイト

Trackback

trackbackURL:http://ashitamoseishinkai.blog.fc2.com/tb.php/40-bf9a39c7
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。