明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

パターンとイメージ

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

人間の眼球には盲点と呼ばれる光情報を認識できない(見えない)部分があります。ある本で読んだのですが、その部分の視野が欠けないための一つの方法として、盲点の周囲のパターンを認識し、見えていない部分のイメージを埋める作業を脳が行っているそうです。なので白い紙に描かれた小さな黒い点を片目で見つめた場合、ある角度で黒い点が見えなくなり、真っ白な紙に見えるという現象が起きます。ふだん私たちが見ているのはあるが...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。