明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

ダークサイドに目を向けろ

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

"ダサTウォーズ"というイベントをご存知でしょうか?端的に説明すると、ダサいTシャツをみんなで持ち寄って誰が一番ダサいかを決める大会なんですが、東京を発祥に名古屋、京都、岐阜、沖縄など様々な場所でひっそりと開催され、変な盛り上がりを見せている愉快な催しです。私も過去になんどか出場したことがあり、相当な気合いの入ったTシャツを持参していくのですが、毎回自分の目を疑うほどダサい他の出場者に優勝をさらわれ...

あえて薬を出さないとき

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

ちょっと伝わりにくいニュアンスと思いますが、「この薬が飲みたいので出してください」と言われたとき、出さない場合がけっこうあります。「この間の薬より前の薬のほうがよく眠れました。また前のに変えてもらってもいいですか?」これは比較的出しやすいです。しかし「あのときもらった薬だとすごい元気になれたんです!お願いですからあの薬をまた出してください!」これは出しにくい。この違いはなんでしょう?一言でいうと、...

これが正解

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

私事ですが、今年の目標は「歯をたいせつにする」です。パッと見あまり年をとってないと言われることが多いですが、年々やせ細っていく歯茎、変なタイミングで血が出る歯茎、なんだか広がる歯の隙間、親知らずに圧迫されてずれていく歯を見ると、いやがおうにも自分の老いを感じ、悲しくなってしまいます。一方でいくつになっても歯医者は痛いし怖いし。ならば徹底したデンタルケアをこころがけようと決意しました。しかしいざ自分...

ソーリーは禁句。

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

インフォームドコンセントの普及と医療訴訟の増加により、医師と患者の関係は大きく変化しつつあります。かつての「お医者様の言ったことは絶対。患者はそれに黙って従うべき」といった風潮は時代遅れとなり、医師‐患者間で十分に情報を共有し、理解と同意を得た上での治療というものが現代の理想となっています。そのため医師の患者さんに対する態度は以前よりもずっと配慮されたものとなり、なかでも「謝ること」については非常...

幸福な気分

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

マンガにおける効果音表現は、状況や感情を演出するのに不可欠なものとなっています。背景に書き込まれた「ドカーン」という文字は爆発を表現し、「シーン…」という文字は静寂を、「ドキドキ」という文字は緊張による鼓動の高まりを表すなど、そのバリエーションは非常に豊かです。独自の効果音を用いる作品として"ジョジョの奇妙な冒険"(いつかなにかしら書きたいです)の「ギャ~~~~~ン!!」や「メメタァ」などは有名ですが...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。