明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

死んでしまうのはダメですか?

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

「死にたい」という気持ちに対するケアは、精神科医の重要な仕事の一つです。何年か前からから日本の自殺者は年間30000人を超えるようになり、社会問題の一つとなっています。自殺予防のための様々な対策がなされていますが、その数に大きな変化は見られていません。自殺に至る経緯は人によって異なります。手段も様々です。各々がどうしようもない悩みと苦しみを抱え込んだ末に自殺という最終手段に至るわけですが、その8割以上に...

言うべきでないこと

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

私事ですが。「今まで言うのをガマンしてたけど、あなたって…!」みたいな会話の流れが本当に嫌いです。たいていの場合、相手の立場が不利なときや言い合いになる寸前に言い放たれることが多く、ここぞとばかりにこちらに対する不満を挙げ連ねることで優位に立とうとする算段なのかもしれませんが、まぁ何の意味もありません。こちらの負の感情を煽りたてることで険悪な状況がさらに悪くなるだけです。「なんでこのタイミングでそ...

医師の限界

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

この仕事をしていると、毎日とにかくいろいろなことを質問されます。病気や薬について尋ねられることは当然なのですが、「お金ないんですけどどうしたらいいですか?」とか「一日一食のダイエットって効果あるんですか?」とか「人と人とが出会ったら、それが愛なんですか?」など本当にいろいろ。ときにはひねりの利いたブラックな返答をしたくなる衝動にも駆られますが、"お医者さんの言ったこと"というのはこちらの思っている以...

悪意

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

私には4歳になる甥っ子がいます。常にハイテンションで向こう見ずでエネルギーと好奇心の塊のような男の子なのですが、最近は私に会うと必ず"たたかいごっこ"を挑んできます。テレビのヒーローの名前を叫び、男らしいセリフを叫び、剣や銃を振り回しながら私という悪者をやっつけるため、何時間でも戦い続けます。まあやかましいったらありゃしません。大抵の子供で言えることですが、"正義"と"悪"という概念は驚くほど早い段階で...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。