明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

何度でも同じ話をする

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

大学の一般教養の頃、倫理学の講義でとにかく"スピリチュアル"と連呼する先生がいました。たしかWHOの健康の定義に"mental"と"spiritual"の表現が加わってどうのこうのという話だったと思いますが、いつの授業でもとにかくスピリチュアルスピリチュアルスピリチュアルと言い続けていた印象しかなく、半年か一年間の講義の中で他の話をしていた記憶が一切ありません。その結果"スピリチュアル"という単語はいつしか私たちの脳裏に焼...

医者を変えるために

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

普段外来で診療をしていて、患者さんに面と向かって「先生の治療は信用できません。他の医者に変えてください」と言われることは、滅多にありません。つい昨日言われましたが。その一方で初診の外来をしていて「いま診てくれている先生とどうしても合わなくてここに来ました。」と受診される患者さんはときどきおられます。大抵の場合前の主治医としっかりした話し合いはなされておらず、紹介状を持参して来られる方はほとんどいま...

会うインターバル

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

"会って話す"ことは精神科診療の基本です。話の内容に耳を傾けるだけでなく、相手の表情、口調、しぐさ、身なり、態度などから、その人にまつわる多くの情報を得ることができます。内科や外科に比べて触診や検査で得られる情報が少ないこともあり、精神科診療に於ける面談のウエイトは高く、そこから的確な診断に結びつける能力が求められます。そしてあらゆる人間関係で言えることですが、長く話せば話すほど、会う機会を増やせば...

変態とは

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

あなたは他人から"変態"と言われたことがありますか?私はあります、何回か。しかしこれまでの経験を思い返してみても、何を持ってして私は変態と評価(罵倒)されたのかがいま一つ腑に落ちていません。変態とは何なのか、なにがどうなれば人は変態となるのか、今回は可能な限り追及していきたいと思います。まずインターネットの辞書で調べてみたところ「変態(へんたい、metamorphosis):動物の正常な生育過程において形態を変える...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。