明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

思うように忘れたい

Posted by kobayashi_kei on   1 trackback

毎日の診療の中で、多くの患者さんと出会います。重症の人、軽症の人、よく話す人、無口な人、すごく印象に残る人、全くなんの印象も与えない人と実に様々で、それぞれの人に対して日々頭を悩ませながら治療を行っています。当然、取り扱わなければならない情報は膨大であり、状況も刻一刻と変化するため、常に臨機応変に対応していかなければいけません。そうなるとやはり、忘れます。人生を預かっている仕事である以上ミスをする...

怒られたくはないけれど

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

とにかく怒られるのが苦手です。子供のころからかなり臆病な性格で、大人になったら多少ましになるかと思っていたのですが、全くそんなことはなく。そう簡単に人間は変わりませんでした。初期研修医の二年間はそれこそ怒られることが仕事のような日々で、毎日のように誰かしらに怒られていました。的確な判断とスピードが要求される救急救命、タイミングと迅速な計算力が必要な麻酔科、深く詳細な知識と洞察力が求められる神経内科...

友人を診る

Posted by kobayashi_kei on   1 trackback

「自分の大切な人を守ることのできる人間になりたい」医療人を志すにあたって、最も健全な動機の一つです。素晴らしいことだと思います。かくいう私も、昔から周囲にメンタル的に疲れていたり、なにかしら問題を抱えている人が多く(自分も含め)、「なにかこの人たちの力になることができれば」と思い、精神科医を目指した感があります。そしてめでたく精神科医になった現在、日々の診療の中で思うのは「もし今日の外来で自分の友人...

嘘と妄想

Posted by kobayashi_kei on   1 trackback

ドラえもんの数ある話の一つに、「世の中うそだらけ」という作品があります。あらすじを説明すると、おやつのために50円と100円のアイスを買いにいくのび太。帰り道にジャイアンに遭遇。ジャイアン「買いに行くのがめんどくさいから」と50円のアイスをその場で買い取ろうとする。しぶしぶ50円と引き換えにアイスを渡すのび太。しかしジャイアン「やっぱり100円のアイスにする」とさらに交換。当然のび太は「残りの50円を払ってほし...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。