明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

よくわからない世界

Posted by kobayashi_kei on   1 trackback

今から約60年ほど前の1950年代初頭、抗結核薬のイプロニアジドという薬を服用した患者が肺に穴が開いてるにも関わらずハイテンションで踊り始めたという経緯から「これ飲んだ人は元気になる!元気が出る薬だ!」と医者は考え、抗うつ薬の開発が始まりました。そこからモノアミン酸化酵素阻害剤、三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI, SNRI, NaSSAなど新しい薬がどんどん開発され、実際の医療で活躍しています。また電池などで使...

悪い精神科医

Posted by kobayashi_kei on   1 trackback

初めて病院に行くのは緊張します。そこがどんなシステムの病院なのか、医者はどんな人なのか、どんな検査をするのか、どんな薬を出されるのか、「こんな程度で病院に来て!」と怒られたりしないか、法外な診察代を取られないか、など多くの不安が頭をよぎります。さらに「もしかしたら今日ここで出会った医師に、今後の人生が決められてしまうかもしれない」と考えてしまうと、さらにプレッシャーがかかります。受診する気持ちすら...

病気か、正常か。

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

「先生、私は病気なんですか?私の頭はおかしくなったんですか?」問診の最中、不安げな表情で訴える患者さん。精神科において珍しくない光景であり、軽い緊張の走る瞬間です。ここで私が「はい。あなたは精神の病気です」と言った途端、目の前にいる人は"精神病患者"となります。自他共に認められることにより治療がうまく開始されるかもしれませんが、ショックを受けて病状がさらに悪化するかもしれません。逆に「いいえ、あなた...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。