明日も精神科医

スポンサーサイト

Posted by kobayashi_kei on

モテたい 4

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

- 情報としての心最近Facebookの入力欄に「今どんな気持ち?」と書かれており、何とも言えない気持ちです。実際自分のタイムラインを見ても「今日は会社で失敗し、明日もあさってもその処理に追われる日々が続きそうです。現在非常にザワついた気持ちであり、このまま眠れない夜を迎えることになりそうでとても不安です」等と自分の気持ちが表現されていることはなく、だいたいが食べたごはんの写真か旅行の写真かイベントの告知か...

モテたい 3

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

- 感情と欲求の情報「もっとあなたも心を開いて!」人との関わりを拒否する不良少年に対して不器用だけど元気で明るいヒロインが言い放つ。一昔前の少女漫画や、朝やお昼のテレビドラマなどで聞かれそうな台詞ですが、これだけ抜き取るとすごく乱暴な印象を受けます。この場合でいう、開くべき”心”とはなんなのでしょうか?なんで他人に言われて心を開かないといけないのでしょうか?心とは可視化できない漠然とした概念であり、そ...

モテたい 2

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

- どうすればモテるのか「どうすればモテるのか?」それは全てのモテざる男女にとって永遠の課題であり、「モテたい」と強く願うほど、考えるほどに理想のモテから遠ざかっていく、至上の難問でもあります。ファッション誌などでは頻繁にモテに関する特集が組まれ、異性にモテるための服装やアクセサリだけでなく「出会いたければ犬を飼え!」「俺の夢!カフェのオーナー!」などライフスタイルにまで言及したモテ指南を展開し、読...

モテたい 1

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

- モテたいモテたいです。そうですね。気がつけばけっこういい年齢ですが、いくつになってもそう思っています。老若男女問わず「モテたいですか?」と聞かれたら、たいてい「できるのならば」と答え、仮に「いや、私は絶対にモテたくないです」と答えたら「本当はモテたいのに強がっている。もしくはかつてよっぽど悲惨な目にあったに違いない、お気の毒に…」と勘ぐられるほど、誰もが潜在的な欲求としてモテたいと思っているはず...

孤独のエボリューション 4

Posted by kobayashi_kei on   0 trackback

- 孤独感が産み出すもの「『おいしいものを食べる』『楽しいことをする』『あったかいベッドで眠る』。そこに『好きな人といっしょに』をつけると、もっとステキになるよ!」みたいな乙女格言的な何かをネット上で見たことがあり、触れられたくない欲望の核心を無邪気にかつ不用意に撫でられたような、なんともいえない気味の悪さを感じたことがあります。おそらく食欲、性欲、睡眠欲といった人間の本能的欲求に近いレベルで、孤独...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。